西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太宰府人物誌発刊

『太宰府人物誌』が出ました!

太宰府市の広報に連載されていたものを再編集して127名を紹介しています。

内容もすばらしく濃いのでオススメです。2,000部発行で、1冊1,000円とお買い得です。
太宰府人物誌


太宰府市は、古代から現代まで地元にゆかりのある人物を紹介する「太宰府人物志」を発刊した。市制施行30周年を記念し、市の「広報だざいふ」などに連載した記事の中から、人物に関するものを抜粋した。同市の市史資料室は「人物を通じて太宰府の歴史を知ってもらえれば」とPRしている。

 市報には、市史の編集に関わった専門家が連載を続けており、「太宰府人物志」には1988年から今年3月までの分をまとめた。また、新たに12編を書き下ろし、計127編になった。執筆者は16人。

 古代では、7世紀に「筑紫大宰」として筑紫(現福岡県)にいた栗隈(くりくま)王を紹介。大宰府の移り変わりを、人物を基に描き、最終章は太宰府天満宮の前宮司、故・西高辻信貞氏で締めくくる。人物索引は約500人に上る。

 B6判、255ページ。2千部を発行。価格は千円。市役所や太宰府館(同市宰府)、大宰府展示館(同市観世音寺)などで販売している。市史資料室=092(921)2322。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/357884

=2013/04/12付 西日本新聞朝刊=

スポンサーサイト
  1. 2013/04/14(日) 10:23:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

考古学雑誌の会費

まったくどうでもいい話だが、日本考古学会の年会費6000円を支払った。

振り込み用紙の空いている欄に、「何年度の会費を払っているか、不明用だ」と書いたら、領収書のはがきにコメントが書いてあった。

各巻とも第4号に振り込み用紙をお入れしております。会費は前納制になっておりますので、次巻の第1号の前にご送金ください。



なるほどなあ。で、今回のは…。平成19年度会費(第92巻)とな。平成20年11月4日に領収。
ありゃ、前納制なのに昨年度の会費でいいのか?

不思議だなあ。過去のバックナンバーを調べてみよう。

しかしながら、考古学研究と比べて考古学雑誌は2000円も高い上に、内容があまり自分とは関係ない海外とか先史考古学ばかりだから、そろそろ継続購入は再考しなければならないだろう。

  1. 2008/11/11(火) 14:23:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。