西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冨永朝堂 資料001(西日本シティ銀行:地域社会貢献活動:ふるさと歴史シリーズ「博多に強くなろう」より)

資料用として、西日本シティ銀行:地域社会貢献活動:ふるさと歴史シリーズ「博多に強くなろう」から引用

No.33
博多が生んだ彫刻の巨匠
山崎朝雲、冨永朝堂
対談 :昭和60年6月
司会・構成 :土居 善胤
お話:彫刻家 冨永朝堂
聞き手:九州造形短期大学学長 谷口 治達氏
     博多町人文化連盟理事長 西島伊三雄氏
     福岡シティ銀行頭取 四島 司 ※役職および会社名につきましては、原則として発行当時のままとさせていただいております。


太宰府のたたずまいに魅(ひ)かれて……
四島
朝堂先生には、私の父の四島一二三が90歳のときに、胸像をつくっていただきましたので、今日はお話をうかがえて、たいへん嬉しく思っております。彫刻というのは、人間の内面までも浮き彫りにしてしまうようなところがありますね。父も、「私よりも私に似ている」と言っていました。

冨永
あれは昭和45年頃でしたね。粘土で原型をつくりましたが、見にこられたご本人が、「やっ、四島くん」と手で敬礼して、自分より似ていると言われた。ユーモラスな方でしたな。

四島
お庭を拝見していますと、しっとりとして、なんだか、奈良にでも来たような気がしますね。都府楼の風趣に融(と)けこんだ、年代のあるたたずまいで、たいへんいいお住まいですね。

冨永
東京の爆撃が激しくなりましたので、疎開したのです。昭和19年からですから、もう40年を越しました。

谷口
来られたときは、一軒家だったのでしょう。

冨永
ええ、一軒家で、西鉄電車の都府楼で降りて太宰府の方へ歩いてこられると、誰にでもすぐにわかりました。
ここは、聖福寺の戒応老師に「観世音寺の近くにいい場所がある」ということで教えてもらいました。昔の庄屋さんの家というわらぶき屋だったんですが、僕はなるべく鄙(ひな)びたような家に住みたかったんです。
ここから、宝満、耳納(みのう)まではるかに見わたせました。太刀洗(たちあらい)飛行場から敵機要撃にむかった飛行機が撃墜されて、煙があがっているのが見えたこともありました。
終戦後、いろいろな人から、そろそろ東京へ帰ってもいいんじゃないかと言われましたが……、結局はここにずっといることにしました。東京にも30年いましたが、18歳までは、博多にいましたし、僕の人生では、やはり博多がいちばん長いですね。


スポンサーサイト
続きを読む
  1. 2011/04/02(土) 18:32:31|
  2. 冨永朝堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。