西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「昭和を駆けた考古学者 原田大六 伊都国にロマンを求めた男」展

先日、時間をみつけて平成22年伊都国歴史博物館秋季特別展「昭和を駆けた考古学者 原田大六 伊都国にロマンを求めた男」を見てきた。

久しぶりの前原だ。今回は日向峠を通っていくルートを選択。この峠も久しぶりに通る。昔、前原のバイク屋に通っていたときは良く通ったものだが。

さて、展示は原田大六を郷土の考古学者としてとらえ、その生涯を追うものでしっかりと作られていた。個別のエピソードはさすがに生々しいところは省いているが、大六の生涯をよく描いていると思う。

展示の趣旨としては、「ケンカ大六」のイメージが強いが、それだけじゃないという点が理解して欲しいのだろう。

一番おもしろかったのは、4階でやっていたドキュメンタリーだった。昭和51年ぐらいにテレビ放映された「王墓を掘る男」というもので、動いてしゃべる大六がみれたのは幸運だった。その中で、若き日の福岡県教委藤井功さんや岡崎敬教授も写っていたのが自分にとって嬉しかった。

帰りに図録と、原田大六関係の図書を買う。

監修原田イトノ・編述荒木重人『孤高の天才 原田大六 -その学問と波乱の生涯-」歴史新報社2010』は3,800円とちょっと高いが読み応えがある本だ。帰ってから一気に読んだ。

大六と九大が沖の島関連で揉めたのは知っていたが、その後に春日市で須玖岡本遺跡の発掘に参加したかった大六を九大側が無視して、大六が泣いて帰ったというのは初めて知った。
『日本古代遺跡便覧』問題についても詳しく書いてある。岡崎敬先生が何故そこまで沖の島関係で抗議したのかが不思議でならない。恩師の伊達先生が生きておられるときに、大六さんについてのことを聞いておけば良かったなあ。



スポンサーサイト
  1. 2010/11/28(日) 10:18:11|
  2. 博物館・美術館探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「篤姫と山家宿」平成20年度秋期企画展 筑紫野市歴史博物館

先日、筑紫野市歴史博物館でやっている展示「篤姫と山家宿」を見てきた。

目玉は今年のNHK大河ドラマで爆発的に人気がでた篤姫関連だろう。その篤姫一行の記録が宿場町「山家宿」で、旅籠を兼ねていた商家「松尾屋」の「大福万控帳」に記載されていることがわかった。

篤姫が江戸に上った1853年(嘉永6年)9月2日(新暦10月4日(火曜日))の宿泊者名簿の中に「薩摩御姫様 御登り達」の文字があり、家来7人が泊まったことが記されている。お供の位により、宿泊料金が異なることもわかる。

どうやら、篤姫は別の上級宿に泊まったと考えられるので記録が残っていないようだ。下茶屋(薩摩屋)があやしい。

ちなみに、篤姫は同年8月21日に鹿児島城を出発した。出水、熊本(8月29日)を通って山家に至り、9月29日に京都・伏見、10月23日に江戸に到着したことが史料で確認できる。

展示してある資料のほとんどが1個人のものとのことだ。大変な資料だと思う。

関係ないけど、西郷隆盛・高杉晋作・平野國臣の指名手配用の似顔絵はおもしろい。本物なのかがよくわからなかったが。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/04(木) 00:50:34|
  2. 博物館・美術館探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「聖地★巡礼 自分探しの旅へ」展

島根県立古代出雲歴史博物館で行われていたこの展示を、夏に出雲大社に行ってきたついでに見てきた。
http://www.izm.ed.jp/cms/cms.php?mode=v&id=132

内容としては、世界遺産に登録された「フランスのサンチャゴ・デ・コンポステラの巡礼路」を歩いた記録を映像をディスプレイで流すことで成立させている展示である。

巡礼路というキーワードで、世界各地の巡礼路がとりあげられていた。たとえば、奇蹟の泉ルルド、霊山恐山、四国八十八ヵ所巡りなどである。

感想としては、僕個人としては大変おもしろかった。展示のやり方としても映像をディスプレイして巡礼路記録を流しているのは興味深かった。もちろん、展示品もあったが、個別に価値が高い物でない。やはり、巡礼路といえば、土地に根ざしている地理的環境、歴史的環境(建物)が主になるので、展示に持ってくるわけにはいかないからだろう。

四国へお遍路に行っている自分から見ると、サンチャゴ・デ・コンポステラの巡礼路はキリスト教的な禁欲というキーワードが強く感じられるものだった。あくまで自分の中の神との対話が主たるものであり、そこに意味があるのだろう。お遍路は違う。そこにはお接待に代表される地域の人たちと強い結びつきがある。どちらが良いとかいうものではないが、大きな差をそこに見いだせるだろう。

実はこの展示で一番興味深かったのは、一緒に見に行った友人の反応だ。日頃、展示を見る機会が一般人と比べて多いと思われる友人がこの展示はあまりおもしろくなかったというのだ。映像なら、TVで見ればいいとのコメントは僕にとって衝撃だった。
なるほど、そういう感じ方もあったのかと。この点は心にとめておこう。

そういえば、島根県立古代出雲歴史博物館には初めて行った。常設展示も盛りだくさんでおもしろいので一見の価値はある。出雲大社に詣られた後は、こちらに寄られるのが良いだろう。

島根県立古代出雲歴史博物館
開館時間
9:00~18:00(11月~2月は9:00~17:00)
※最終入館時刻は閉館時間の30分前です。

休館日
毎月第3火曜日(第3火曜日が祝日の場合は、翌日が休館日)

休館日は、カレンダーでご確認下さい。

観覧料
常設展 一般 600円(団体480円)
大学生 400円(団体320円)
小中高生 200円(団体160円)
企画展 企画展の観覧料は、展示ごとに金額が異なります。
詳しくは、左側メニューの「企画展」のページからご確認下さい。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/30(木) 06:47:28|
  2. 博物館・美術館探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたの近くの文化財 太宰府市民遺産展

あなたの近くの文化財 太宰府市民遺産展の季節がやってきました。
お近くの方は、是非太宰府市文化ふれあい館まできてください。


太宰府市民遺産とは、人々の思いと文化財や地域というモノ・コトを「物語」という形で、次の世代へ伝えていこうとする試みです。


○タイトル: あなたの近くの文化財 「太宰府市民遺産展」
○主催: 太宰府市教育委員会文化財課・太宰府市市史資料室
○期間: 平成20年6月20日(金)~7月21日(月・祝)
時間 午前9時~午後5時
休館 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)

入場無料

○場所: 太宰府市文化ふれあい館
〒818-0132
福岡県太宰府市国分4丁目9-1
Tel 092-928-0800
Fax 092-928-0802
http://dazaifu.mma.co.jp
e-mail:dazaifu@mma.co.jp

【アクセス】
西鉄都府楼前駅から徒歩約20分
コミュニティバスは都府楼前駅からも発車。
大宰府政庁跡から徒歩約15分
ちらしの表より引用






続きを読む

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/05/23(金) 20:28:38|
  2. 博物館・美術館探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡市美術館展示『大応国師と崇福寺』大応国師七百回忌記念特別展

福岡市美術館展示『大応国師崇福寺大応国師七百回忌記念特別展を見に行ってきました。

美術展としては、考古学の成果を取り入れてがんばっている展示だと思いました。崇福寺の歴史もよくまとめて解説してありました。

残念だったのは図録です。あえてこの版面で凝った高い装てんにしているのでしょうが、中に載せている写真がすべてモノクロというのは如何がなものかと思います。色彩が鮮やかな表装もありましたし、カラーがまったくないのは残念な限りです。
しかし、図録に掲載されている論文はどちらもいいですね。
野口善敬「大応国師-日本臨済禅の宗祖-」
伊藤幸司「中世の崇福寺
の二編は特に参考になりました。

売り場にて2冊書籍を購入。
白洲正子“ほんもの”の生活 (とんぼの本)
白洲正子“ほんもの”の生活 (とんぼの本)白洲 正子 赤瀬川 原平 青柳 恵介

新潮社 2001-10
売り上げランキング : 40935

おすすめ平均 star
star素顔の白洲正子
starまさに"ほんもの”ワールド

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


山頭火と歩く
山頭火と歩く村上 護 吉岡 功治

新潮社 1994-07
売り上げランキング : 664786

おすすめ平均 star
star山頭火の世界へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/10/27(土) 23:17:41|
  2. 博物館・美術館探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。