西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

故人に思うこと

先日、中土研大会に行ったおりに刺激をうけた豊中市の橘田氏の論文が読みたくなり、古文化談叢第64号を注文した。また、別の件で興味深かった第65号も併せて六一書房に発注した。今日、二冊がきたのでさっそく目を通した。

すると、第64号の方に、境靖紀氏の追悼特集があった。目次をよく見ていなかったので驚いた。

実は、境氏とは近隣の市町村関連ということもあり、仕事の付き合いでなんども話しをしたことがある。おそらく自分が仕事に復帰して、事前審査をしていた3年間(2006~2008)のどこか、2006年ぐらいか。春日市の資料館あたりで話しをした記憶がある。

2009年10月30日早朝に亡くなられたというのは、僕たちの耳に入ってきたのはそれから3ヶ月も後のことだった。正直非常に驚いたことを覚えている。しかも、自殺とは…。やりきれない思いを感じたことはいまでも思い出す。

境氏とはそこまで深く話しをしたことはなかったが、論文の抜き刷りを頂いたりしたり、立ち話をする程度には親しくしていただいていた。今思い出すのは、自分の近所に家を新築したので遊びにきてよと誘われたことだった。
なんでも、県の人が持っていた土地を安く買うことができて、一軒家を建てることができた。しかも、本をたくさん置かないといけないので、設計をしっかりしてもらい、どの部屋もグランドピアノをいれも平気だよ。と、笑顔で語ってくれたのを思い出す。たしかそのときに再婚したとも聞いた。羨ましい話しですねと、返事した記憶がある。照れ隠し気味に優しくほほえむ境氏の横顔が最後のイメージとして残る。

2007年に職場でのトラブルがあるとかないとか噂話が聞こえてきて、2008年度の終わりに春日市を辞めたと伝わってきた。そういえば、うちの職場の臨職の試験も受けたが駄目だったようだ。その後、2009年に同僚が佐賀県の吉野ヶ里で姿を見たと教えてくれて、ああ、佐賀でがんばっているんだなとほっとしたことをおぼえている。

彼の死から思い返すともう1年が経っている。時の流れはとどまることを知らず世情の泡沫を掬いさっていく。

古文化談叢の特集を読むと思い出も蘇り、ただ泣けてきた。とくに彼の師匠にあたる小田富士雄先生の文は後輩への他山の石とするようにという厳しい言葉の意味以上に、深い愛情が感じられる。

思えば、境氏は自分より2歳上だった。しかし、その年齢はもう重ねることはない。
来月の誕生を迎えると自分も38歳である。

何一つ残していない自分を思うに、忸怩たる思いとやるせない思いを残す。

境さん、さよならも言えませんでしたが、いまは静かにお休みください。合掌





スポンサーサイト
  1. 2010/12/15(水) 23:42:26|
  2. 雑考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天下之一都会

古代大宰府が繁栄していたことを称して、「遠の朝廷」とか「天下之一都会」と呼ばれていたことがよく引用される。この場合の大宰府とは当然、政庁域とともに生活空間であった条坊跡を含めてのことだと考えていい。

この「天下一之都会」という文言は、『続日本紀』神護景雲三年(七六九)十月甲辰に納められた大宰府の言上のなかから引かれている。


「大宰府言。此府人物殷繁。天下之一都会也。子弟之徒。学者稍衆。而府庫但蓄五経。未有三史正本。渉猟之人。其道不広。伏乞。列代諸史。各給一本。伝習管内。以興学業。詔賜史記。漢書。後漢書。三国志。晋書各一部。」


書き下しは以下の通り。

「神護景雲三(769)年10月10日 大宰府は天下一の都会であるものの、府庫には五経しかなく三史がないため、これらを賜らんことを言上する。この日、詔して史記、漢書、後漢書、三国志、晋書各一部を大宰府に給う。

ややこしいのだが、大宰府言とあるのは大宰府の某が自分のところを指しているのか、そういわれている客観的な情報を言ったのかはよくわからないところにある。本来はこの「言」の前に誰が言ったかの記載があったら、文章として完結しているもの(下文)になるのだが、それがないためどちらといえない。しかしながら、もし大宰府の某氏が言ったことにしても、そのまま続日本紀に掲載されていることから、問題ない表現(=古代表現ではない)と言えるのではないかと考えられる。(太宰府市史資料室の重松氏ご教示)


よって、当時の大宰府の様子を「天下之一都会」と称せられたといっても間違いではないという結論になろう。

倉住靖彦 1985『古代の大宰府』吉川弘文館 p200にこれに触れている記載あり。自賛で誇張されているきらいはあるが、問題ないだろうという文意。
続きを読む

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/08/27(水) 22:07:29|
  2. 雑考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先人のお言葉

「史跡の保存は地元での守る姿勢がないところでは決して成り立たない。
その意味では史跡を守ることが同時に住民の生活を守ることにつながって行かなければならない。」

(福岡県教育委員会 元文化課長 藤井功 氏談)



いまも受け継がれる史跡保存の思想。
まさに大宰府史跡の保護・保存活動の礎となった言葉です。

  1. 2008/07/07(月) 13:22:19|
  2. 雑考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大山と宝満山と岩船地蔵

先のエントリで紹介した岩船地蔵の本だが、途中身近に感じた記載があったので、メモがわりに載せておきたい。テキストの78ページに取り上げられている。

地蔵菩薩霊験記』巻九「一二 生身地蔵ヲ拝ス事」
 伯耆国大山に弘誓房明願という僧がいた。仏法の修行に励み、前々から地蔵を篤く信仰し、ついに生身の地蔵を拝したいものだと願うようになった。ある人が言うには、筑紫国竈戸山の宝満大菩薩は地蔵がこの世に仮の姿で現れているので、毎月二四日と一八日の明け方には地蔵が現れて衆生を救ってくれるという。そこで、弘誓房は竈戸山に参籠し、一生懸命祈った。すると夢に気高い女性が現れ、生身の地蔵を拝みたいのであれば、下野国岩船山という所があり、そこへ行けば地蔵菩薩が出現すると述べた。(以下略)


ここで注目されるのは鳥取県大山と福岡県宝満山の密接なつながりだろう。
大山の僧が生身の地蔵を探し求めて、最終的には岩船山でそれに出会うという筋で、原型となった話自体は11世紀中頃には成立している可能性が指摘されている。広く流布されたのは江戸時代前半~中頃に刊行された書籍による。

つまり、古い段階からの大山宝満山の密接な関係性が指摘できるお話だといえる。


続きを読む

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/15(土) 00:18:44|
  2. 雑考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。