西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

晴明の井

【名称】:晴明の井(せいめいのい)
【所在地】:福岡県太宰府市朱雀4丁目
【時代】:不明
【内容】: 平安時代中期に実在した陰陽師安倍晴明が開いたと伝えられる井戸で、どんな日照りにも涸れることはないという伝承がある。もちろん、安倍晴明が大宰府にきたという記録はないので、水場の縁起の一つとして晴明の名前があがったのだろう。これは役小角や空海でも同じような伝承を持つ場合が多い。(無論、何故晴明だったのか、という問題は残るが…。ちなみに福岡県内に残る安倍晴明の伝説を持つ井戸は、福岡市東区金平、前原市泊、宮田町にあるらしい。また調べておきたい項目である。)

 この井戸の水を飲んだり、出産時に使うと安産するという信仰があり、安産の井戸、長命の井戸ともいわれている。三角形の平石は水を守る神様をあらわしているという。
 近代まで付近は水場として使われていたが、道路整備にともなって水場を埋めてしまった。そのせいで井戸の水も影響を受けている。

晴明の井(北から)
都市化したなかに目立つ榎の大木の麓に、晴明の井はある。

晴明の井の社
新しくなった井戸の囲い状の社。


三角形の石板
水場の神様。


榎の大木(南から)
榎の大きさがわかってもらえるだろうか。


榎の状況

かなりの古木なのでムロになっている。
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/30(金) 03:36:09|
  2. 筑紫の文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2007年度日本遺跡学会全国大会2日目

日本遺跡学会2日目 11月25日 
事例発表が続くので、簡単に感想をつけておきたい。

事例発表1 10:00~10:30
「福岡県の文化財保存・活用の取り組み」 福岡県文化財保護課 齋部麻矢

 齋部さんの発表は実は遅刻していって半分程度しか聞けなったのだが、ふるさと彩発見事業を中心に発表していた。県内の市町村としては事業参加が大変と聞いている。資料集をみると、現在の大規模遺跡対策・災害復旧班にも触れていたようだ。現実的には県の財政の圧迫状況から今以上に本腰をいれて事業展開は可能性が低いと思うが…。
 今後の課題として、情報の発信をあげられていたが、まさしくその通りだと思う。せっかくの催し物をまとめてとりあげているのだから、もっとHPやブログを活用すべきだと思う。宣伝に力をかけてほしい。

事例発表2 10:30~11:00
「県境を越えた三姉妹遺跡活用の連携事業-原の辻・平塚川添・吉野ヶ里遺跡の取組」 佐賀県文化課 七田忠昭・長崎浩・平川宣明

 考古学体験・こども会議などはおもしろい取り組みだと思うが、期限限定3年しかやっていないのは残念。それぞれの遺跡での頭打ち現象が見られるだけに、共同での事業展開に新たな展開を見いだしてほしい。

事例発表3 11:00~11:30
「グスク等の保存整備と活用」 沖縄県文化課 盛本 勲

 内容的にはかなりおもしろかったのだが、いかんせん発表者の発表が聞き取りにくくてイメージはちょっとマイナス。もっとしゃべりをはっきりと自信をもって発言するべきじゃないかなと思った。内容が良かっただけに残念。御獄(うたき)のオーバーユースの問題などは、公開と保存という問題を考えるうえで重要なテーマだと思った。
 城(グスク)を生涯学習や市民公開の場にしていこうという捉え方も正解だと思う。その点、自然が豊かに残っている沖縄の強みもあるだろう。

事例発表4 11:30~12:00
「甦る出島~出島和蘭商館跡の復元と活用」 長崎市出島復元整備室 山口美由紀

 山口さんの発表は聞きやすさという点では飛び抜けてうまかった。場慣れしているなあ。
さらりと昭和44年生まれだということを言ったりしていたし、まあ、それは余談だが。
 内容的には出島を計画的に公開していくうえでの問題点や良かった点をわかりやすく提示してもらった。近年はさるく博などの影響もあり、市民が文化財に理解を示してくれるケースが多いという。ボランティアの育成なども人材の取り合いということで大変のようだ。あと、年間30万人程度観光客がくると、ランニングコストである1億円をまかなえるという話だった。
<昼 食>
 天満宮までおりて、チャンポンを食べる。どうせ事務局で弁当余るのでよく考えればもらって良かったなあ…。(予想通り、あとでほか弁を2個ももらう…)

事例発表5 13:30~14:00
「遺跡コンソーシアムのあり方を考える-「連携」の可能性を探る前提として-」 京都橘大学 増渕 徹

 増渕先生がんばりすぎ、というぐらい密度の濃い発表だった。事例報告というより完全に講演のほうが良かったのでは?(笑)
 「コンソーシアム」という概念の検討からはいり、実際的には厳しいのではないかという問題提議をされた。ただし、価値観の創造という観点から、ものの見方を変えていくことにより新しい価値をあらたに見いだしていくという説明はいいものだった。地域の遺産を空間的に保護していくべきという指摘も納得のもの。

事例発表6 14:00~14:30
「石見銀山-“遺跡と住民の共生”を世界遺産に」 島根県大田市 大國晴雄

 最近、話題の世界遺産になった石見銀山のお話。日本では初めての産業遺産としての登録だが、実際は文化的景観という点が評価されたらしい。
 世界遺産と地域振興という発表でおもしろかったのは、地元が1日どれくらいの観光客を受け入れることができるのかという話し合いをしたときに、夏祭りで2,500人をうけいれるのがリミットなので、それ以下にすることにしたというのがおもしろかった。この制限により、観光客の待ち時間が増えたとしても地元を守っていくうえでは必ず必要な措置だと思う。

<休 憩>
シンポジウム 14:45~16:15
「遺跡コンソーシアム-地域連携-」
コーディネーター 佐賀女子短期大学 高島忠平 / パネリスト 齋部・七田・盛本・山口・増渕・大國

 シンポジウムは正直なんだかぐだぐだな話に終始したイメージが強い。
司会のほうでは、1.調査と保存、2.活用の連携、3.遺跡の観光化とオーバーユースの問題、4.パネラーにとってそれぞれの歴史遺産とは何か?という4つのテーマに沿って話を進めたとのこと。
 
閉会行事 16:15~16:20

今回、二日間にわたって初めて日本遺跡学会大会に参加したが、とても勉強になった。考古学だけではない幅広い分野の人と知り合えたのは大きな成果だと思う。もし、また近場で開催されることがあれば参加したい。(来年は奈良らしいが…)

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/25(日) 23:11:14|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2007年度日本遺跡学会全国大会1日目

2007年度日本遺跡学会全国大会1日目

九州国立博物館ミュージアムホールで行われた研究会の1日目に参加してきました。
日頃、僕自身遺物畑の人間なので、遺構を主とした研究会は慣れておらず、少し緊張して参加しました。たしかに会場の人にもほとんど知り合いがいません。

さて、今回のテーマとしては、「遺跡コンソーシアム」というものです。

まず、いきなり「コンソーシアム」とはなんだろうか?という疑問がわくと思います。外来語に弱い僕は正直わかりませんでした。言い換え語によると「共同事業体」という意味になるようです。
つまり、遺跡共同事業体がメインテーマで、その地域連携の必要性について話し合うということのようです。

まずは、佐賀女子短期大学の高島忠平氏からテーマの設定ということで、「遺跡コンソーシアムの提案」という発表がありました。
これは、佐賀県の吉野ヶ里遺跡を題材にとって説明がなされました。遺跡を文化財という目で見るのだけでなく、アメニティとの連結をしていくことが大事と提案でした。

次は、九州大学大学院の西山徳明氏が、基調講演として「文化遺産マネジメントとツーリズム~アジア・太平洋と太宰府・萩の現場~」を発表されました。
この発表は個人的に非常に勉強になりました。昨年度の熊本県八千代座で行われた文化庁主催のイベントと合わせて自分の中での新たな方向性を感じ取れました。

発表テーマ
・文化遺産をマネジメントしていく
・アジアの文化遺産について
・太宰府の文化遺産
・文化財保護「歴史文化基本構想(仮称)」

要旨抜粋
:日本はいまアジアの他の国から観光ツーリズムという観点からは、後進国になってしまっている。
:文化財保護の「保護」という言葉には本来、保存と活用の両方の意味が含まれている。しかし、現実はそうなっていない。少数の優品を選別して守るのが保護と取らえられている。
:文化財というよりは、文化遺産と言いたい。
:地域における文化財保護のキーワードは3つ。「文化遺産」「観光」「景観」。
:ツーリズムの視点が遺跡を発見し、創造して、それらを核として都市に付加価値をつけ、人や資本を引き寄せる。
:太宰府市が行っている市民遺産についての活動は今後のモデルケースとなりえる。
:文化庁が歴史文化基本構想(仮称)のモデルケースを募集している。100%補助が使える魅力的なものであるので是非参加して欲しい。

次の発表は1/3しか聞いてないので感想はパス。

毛利和雄氏(日本放送協会開設委員室)からは、「歴史遺産の活用と地域振興」というテーマで発表されました。

ほとんどの時間を、広島県の鞆の浦と福山城の堀についての市民運動と行政との構造を説明されたので、地元ということもあり僕などは興味深く聞けたけど、他の人はどうだったのか少し不安です。広島県の東部は教育と地域の文化財への理解のなさが相まって複雑な状況になっているという事前の説明が無かったので、一般の人は理解が難しかったかもしれない。とにかく、福山市で事業をするならスタート地点が他の市町村より随分遠い所にあることだけでは間違いないだろう。

世界遺産だけでなく、まずは広域の関連遺跡保護という概念を優先させて、日本遺産のリスト登録を勧めるべきだという考え方は僕も賛成です。

この後、近くの太宰府館に行って情報交換会があり、いろんな人と会って人脈を広げることができました。明日は各地の事例報告が沢山あります。
続きを読む

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/24(土) 23:29:05|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第24回中世土器研究会:瓦質土器の出現と定着‐瓦質土器を考える‐(前編)

しばらく、中土研にも行っていないので、今年は行ってみようかと考えています。

シンポジウム情報第26回中世土器研究会:瓦質土器の出現と定着‐瓦質土器を考える‐(前編)
日時: 平成19年12月1日(土)・2日(日)
会場: 大手前大学 メディアライブラリーCELL(西宮市御茶家所町6-42)   
      JR神戸線さくら夙川駅、阪急神戸線夙川駅、または阪神線香櫨園駅より徒歩約7分。 
会費: 参加費1500円、懇親会費4000円程度
共催: 大手前大学史学研究所
内容

 中世後期を代表する瓦質土器は、近年各地で研究が進展し、その出現が中世前期までさかのぼること、また瓦質焼成の技術系譜が多元的であることが明らかになってきています。

 今回の研究会では、この瓦質土器出現の契機と技術拡散過程に焦点をあて、中世前期から15世紀ごろの全国各地の様相を整理してゆくなかで、鍋や釜も含めた瓦質焼成製品がいつごろ、どのような過程で出現、定着していくのかを検討し、その地域性を議論したいと思います。

参考リンク
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/anakai/sympo2007.html

続きを読む

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/15(木) 07:03:05|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特別史跡大野城跡の現地説明会

太宰府市の現地説明会情報です。

特別史跡大野城跡での災害復旧に伴う調査で、新しく城門が見つかったとのことです。

石敷きの階段などは全国的に見ても珍しいものなので、興味があるかたは是非見に行ってはどうでしょうか。

○遺跡名:特別史跡大野城跡第48次調査
○時 代:古代(飛鳥~奈良時代頃)

○見つかった遺構 :古代山城の城門・土塁

○概要: 平成15年7月の集中豪雨によって被災した、特別史跡大野城跡の災害復旧事業を、太宰府市でも行っています。

今回、増長天地区の南側(通称、「馬責」の東端)の復旧工事前の発掘調査で、大野
城跡の城門が新たに見つかりました。大野城跡全体では7ヶ所目となります。
この城門は、床は石敷き、壁は石垣で、門の内側に階段が設けられています。石敷き階段は大野城では初出です。階段は全国的にも珍しく、対馬の金田城、岡山の鬼ノ城についで3例目です。
このほか、城門と土塁の関係、土塁の構造など、わかりやすく見ることができます。

○「現地説明会」について:
日 時: 平成19年11月17日(土)午後2時から 
  (保護作業のため、4時には終了します。雨天中止)
場 所: 現地にて(西鉄太宰府駅から、四王寺山県民の森まで、車で約15分)
     (四王寺山県民の森駐車場から徒歩15分、尾花地区駐車場から徒歩10分)
備 考: 交通機関は特にありません。
四王寺山県民の森駐車場、または尾花地区駐車場をご利用ください。※注 説明会開催後には、現場に立ち入ることはできません。(復旧工事のため)               

--------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ
〒818-0198 福岡県太宰府市観世音寺一丁目1番1号
太宰府市 教育部 文化財課
電話:092-921-2121、Fax:092-921-3667mailto:bunkazai@city.dazaifu.fukuoka.jp

http://www.city.dazaifu.fukuoka.jp/bunka_t/tarekore-f_3.jsp

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/15(木) 06:16:30|
  2. 文化財イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

考古学 -理論・方法・実践-

考古学を、総合的な視点(関連諸科学を含む)から勉強するのに最適の本である。値段は9500円(税抜)と少々はるが、それだけの情報量がこの本にはある。

また、この本の素晴らしい所は舞台が世界ということだ。日本だけの考古学だと、残念ながら広がりに欠ける。世界の多種多様な人間生活の痕跡を見ることで、より日本での考古学を勉強していく上で、勉強になるだろう。

残念ながら今回の版で、日本の考古学は2000年11月に発覚した「旧石器捏造事件」が、「考古学と一般の人の理解」という章のなかで「考古学の欺瞞」として取り上げられている。まったくもって恥ずべきことだ。今後の学会の対応は世界から見られているといえよう。

考古学―理論・方法・実践
考古学―理論・方法・実践コリン・レンフルー ポール・バーン 松本 建速

東洋書林 2007-07
売り上げランキング : 319824


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/12(月) 00:11:40|
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

第15回歴史ウォーク【長崎街道山家宿と筑紫氏の古戦場を歩く】

今週末に太宰府市と筑紫野市が合同で、歴史ウォークを行います。
テーマは、長崎街道山家宿と筑紫氏の古戦場の跡を歩くというものです。
興味が沸いた方はぜひ参加してみてください。

第15回歴史ウォーク【長崎街道山家宿と筑紫氏の古戦場を歩く】
 
 歴史ウォークとは、毎年、筑紫野と太宰府の両市合同にて実施している人気企画です。

 今年は「長崎街道山家宿と筑紫氏の古戦場を歩く」と題し、筑紫野市の山家宿や長崎街道、戦国期の史跡(合戦場)を約5,5kmに渡り巡ります。

 史跡の解説は両市の文化財担当職員が行いますが、山家宿では地元・山家小学校6年生による詳しい解説があります。

第15回 歴史の道ウォーク
行 程
主な見学場所
・山家宿一帯 (山家小学校6年生解説)
・番所跡(大又)・敬止義塾跡・郡境石
・岡田の三尊板碑(老松神社)・問注所鑑豊の墓
・下見天満宮・十三塚・下見橋橋台
・山家宿 西構口 

【日程】平成19年11月10日(土)
行程                 
8:45  JR筑前山家駅前  受付開始
9:00  開会式
9:10  出発
12:00  西鉄筑紫駅(東口)  順次解散

【問い合わせ先】
筑紫野市歴史博物館 (文化振興課 歴史・芸術文化担当)
TEL 092-922-1911 FAX 092-922-1912
電話・FAXにて「氏名・住所・電話番号」をお知らせください。
申込み開始    10月23日(火)9時~

http://www.city.chikushino.fukuoka.jp/manabu/bunka_m/hakubutukan_osirase/rekisi_walk.jsp

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/07(水) 13:04:49|
  2. 文化財イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【広報】太宰府の文化財

太宰府市が出している広報の最後のページに、太宰府市内の文化財について連載がされています。いままでは最新号がPDFのデータで公開されていたのですが、このたび過去のバックナンバーもPDFデータ化されて公開されました。

市内のいろいろな文化財の記事をみることができるので、良かったらどうぞ。

Web広報だざいふ

太宰府の文化財バックナンバー

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/05(月) 12:51:15|
  2. 筑紫の文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『考古学研究』54-2

考古学研究会が出している考古学雑誌『考古学研究』を定期購読しております。

先日、会費のことで未払いが多いということが載っていたので、会費納入用紙にがんばって下さい的なことを書いて出しておりました。

その後、それを出したことさえ忘れていたのですが、考古学研究会の事務局の女性の方から、「あなたの投稿を掲載してよろしいか?」という問い合わせがあったので「いいですよ」と返事をしていたら、最新号の54巻2号の会員通信にしっかり載っておりました。(笑)

しかし、早く論文で載るようにならないといけないですね。
考古学研究54-2

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/03(土) 15:08:22|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『歴史考古学大辞典』吉川弘文館

歴史時代の考古学を勉強しているなら是非とも購入したい辞典である。いかんせん価格は高いのだが…。

もちろん、歴史を研究するうえで、いまや考古学を抜きにしては語られないのはいうまでもなく、学際的な研究を目指していくならば、関連した学問にも目を通しておく必要があるだろう。そういった意味でこのような目的で編まれた辞典が1冊手元にあると、便利である。
あと、意外と自分のやっている地域での情報しかしらない人がいるので、研究の広がりを確認するために必要だと考える。




歴史学・考古学・民俗学・美術史・建築史など、幅広い分野の共同研究の成果を結集した3270項目を収録。史跡・文化財めぐりにも役立つ情報が満載、理解を深める豊富な図表とカラー別刷図版を掲載する。




テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/02(金) 09:53:39|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。