西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

観世音寺寺号碑

観世音寺寺号碑
観世音寺寺号碑 posted by (C)gaku_zzr

太宰府市観世音寺5丁目 所在
観世音寺入口
大正3(1914)年4月造立
張堂大龍書

博多に旅してきた龍禅子(後の大龍)が観世音寺に寄り揮毫した。文字を石に刻んだのは、観世音寺の石工・関要次郎(1892~1951)である。
スポンサーサイト

テーマ:史跡・歴史的遺物 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/11/24(月) 20:27:32|
  2. 筑紫の文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の観世音寺寺門

PB224792
PB224792 posted by (C)gaku_zzr

筑紫の観世音寺の寺門の寺号碑と銀杏の木。

  1. 2008/11/24(月) 15:36:14|
  2. 史跡名勝巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太宰府市地域資料情報交換会 備忘録

研究会といっても身内でやっている勉強会なのですが、はや3年、通算11回を数えています。
残念ながら自分は参加することがなかなかかなわなかったのですが、環境が変わったので今後は参加し易くなりました。今後に期待しております。

しかし、市内の大字はかなり制覇しているような気がします。
また別の切り口で考えていってもおもしろいかもしれませんね。

2005.12.16 第1回  内山地区  発表者:朱雀(市史)
2006.2.16   第2回  吉松地区  発表者:内山(市史)
2006.3.28  第3回  国分地区  発表者:重松(市史)
2006.6.1   第4回  坂本地区  発表者:朱雀(市史)、山村(文化財)
2006.7.27  第5回  大佐野・向佐野地区  発表者:内山(市史)、山村(文化財課)
2006.10.12 第6回  水城地区  発表者:重松(市史)、宮崎(文化財課)
2007.1.17   第7回  北谷地区   発表者:朱雀(市史)、山村(文化財課)
2007.3.15  第8回  通古賀地区 発表者:内山(市史)、井上(文化財課)
2007.7.19   第9回  観世音寺地区  発表者:重松(市史)、山村(文化財課)
2008.5.22   第10回  高雄地区  発表者:朱雀(市史)、山村(文化財課)
2008.7.31   第11回  松川地区  発表者:藤田(市史)、宮崎(文化財課)
  1. 2008/11/12(水) 10:52:21|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

考古学雑誌の会費

まったくどうでもいい話だが、日本考古学会の年会費6000円を支払った。

振り込み用紙の空いている欄に、「何年度の会費を払っているか、不明用だ」と書いたら、領収書のはがきにコメントが書いてあった。

各巻とも第4号に振り込み用紙をお入れしております。会費は前納制になっておりますので、次巻の第1号の前にご送金ください。



なるほどなあ。で、今回のは…。平成19年度会費(第92巻)とな。平成20年11月4日に領収。
ありゃ、前納制なのに昨年度の会費でいいのか?

不思議だなあ。過去のバックナンバーを調べてみよう。

しかしながら、考古学研究と比べて考古学雑誌は2000円も高い上に、内容があまり自分とは関係ない海外とか先史考古学ばかりだから、そろそろ継続購入は再考しなければならないだろう。

  1. 2008/11/11(火) 14:23:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。