西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「昭和を駆けた考古学者 原田大六 伊都国にロマンを求めた男」展

先日、時間をみつけて平成22年伊都国歴史博物館秋季特別展「昭和を駆けた考古学者 原田大六 伊都国にロマンを求めた男」を見てきた。

久しぶりの前原だ。今回は日向峠を通っていくルートを選択。この峠も久しぶりに通る。昔、前原のバイク屋に通っていたときは良く通ったものだが。

さて、展示は原田大六を郷土の考古学者としてとらえ、その生涯を追うものでしっかりと作られていた。個別のエピソードはさすがに生々しいところは省いているが、大六の生涯をよく描いていると思う。

展示の趣旨としては、「ケンカ大六」のイメージが強いが、それだけじゃないという点が理解して欲しいのだろう。

一番おもしろかったのは、4階でやっていたドキュメンタリーだった。昭和51年ぐらいにテレビ放映された「王墓を掘る男」というもので、動いてしゃべる大六がみれたのは幸運だった。その中で、若き日の福岡県教委藤井功さんや岡崎敬教授も写っていたのが自分にとって嬉しかった。

帰りに図録と、原田大六関係の図書を買う。

監修原田イトノ・編述荒木重人『孤高の天才 原田大六 -その学問と波乱の生涯-」歴史新報社2010』は3,800円とちょっと高いが読み応えがある本だ。帰ってから一気に読んだ。

大六と九大が沖の島関連で揉めたのは知っていたが、その後に春日市で須玖岡本遺跡の発掘に参加したかった大六を九大側が無視して、大六が泣いて帰ったというのは初めて知った。
『日本古代遺跡便覧』問題についても詳しく書いてある。岡崎敬先生が何故そこまで沖の島関係で抗議したのかが不思議でならない。恩師の伊達先生が生きておられるときに、大六さんについてのことを聞いておけば良かったなあ。



スポンサーサイト
  1. 2010/11/28(日) 10:18:11|
  2. 博物館・美術館探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。