西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

故人に思うこと

先日、中土研大会に行ったおりに刺激をうけた豊中市の橘田氏の論文が読みたくなり、古文化談叢第64号を注文した。また、別の件で興味深かった第65号も併せて六一書房に発注した。今日、二冊がきたのでさっそく目を通した。

すると、第64号の方に、境靖紀氏の追悼特集があった。目次をよく見ていなかったので驚いた。

実は、境氏とは近隣の市町村関連ということもあり、仕事の付き合いでなんども話しをしたことがある。おそらく自分が仕事に復帰して、事前審査をしていた3年間(2006~2008)のどこか、2006年ぐらいか。春日市の資料館あたりで話しをした記憶がある。

2009年10月30日早朝に亡くなられたというのは、僕たちの耳に入ってきたのはそれから3ヶ月も後のことだった。正直非常に驚いたことを覚えている。しかも、自殺とは…。やりきれない思いを感じたことはいまでも思い出す。

境氏とはそこまで深く話しをしたことはなかったが、論文の抜き刷りを頂いたりしたり、立ち話をする程度には親しくしていただいていた。今思い出すのは、自分の近所に家を新築したので遊びにきてよと誘われたことだった。
なんでも、県の人が持っていた土地を安く買うことができて、一軒家を建てることができた。しかも、本をたくさん置かないといけないので、設計をしっかりしてもらい、どの部屋もグランドピアノをいれも平気だよ。と、笑顔で語ってくれたのを思い出す。たしかそのときに再婚したとも聞いた。羨ましい話しですねと、返事した記憶がある。照れ隠し気味に優しくほほえむ境氏の横顔が最後のイメージとして残る。

2007年に職場でのトラブルがあるとかないとか噂話が聞こえてきて、2008年度の終わりに春日市を辞めたと伝わってきた。そういえば、うちの職場の臨職の試験も受けたが駄目だったようだ。その後、2009年に同僚が佐賀県の吉野ヶ里で姿を見たと教えてくれて、ああ、佐賀でがんばっているんだなとほっとしたことをおぼえている。

彼の死から思い返すともう1年が経っている。時の流れはとどまることを知らず世情の泡沫を掬いさっていく。

古文化談叢の特集を読むと思い出も蘇り、ただ泣けてきた。とくに彼の師匠にあたる小田富士雄先生の文は後輩への他山の石とするようにという厳しい言葉の意味以上に、深い愛情が感じられる。

思えば、境氏は自分より2歳上だった。しかし、その年齢はもう重ねることはない。
来月の誕生を迎えると自分も38歳である。

何一つ残していない自分を思うに、忸怩たる思いとやるせない思いを残す。

境さん、さよならも言えませんでしたが、いまは静かにお休みください。合掌





スポンサーサイト
  1. 2010/12/15(水) 23:42:26|
  2. 雑考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第29回中世土器研究会に参加

下記の研究会に参加してきた。ここ数年、毎年参加している。福岡から関西の研究会に参加するのはなかなか大変だが、年に1回ぐらいは研究の最前線の風にあたることは、自分にとっても意味があることだと思って参加している。

今年は、「和泉型瓦器椀を考える」というテーマで開催された。

課題として、和泉型瓦器椀の考古学的な観察による分類と胎土分析結果に意味がある対応関係が認められるかどうかだった。分析の結論としては、前から言われていた和泉型瓦器椀の小地域性の抽出には至らなかった。大阪府下出土試料からはA領域とB領域の二つの領域が設定できたが、南部地域がA領域ににまとまる傾向が認められた。

個人的には、佐藤亜聖氏が提示した大阪府下での4つの領域設定が興味深い。その4つ領域は大別2種にわけられるという。1つは、領域1的な仮称1類(暗文は不規則か平行線、口径の割りに器高が低い、ヘラミガキは太め、イブシは良好、高台四角形)、もう1つは仮称2類(領域1以外のもの)(暗文は多様、器高は高め、磨きはやや細い、南に行くほど焼成不良が多い)である。

四国の報告得に徳島からは、胎土分析でも突出したデータを示していた個体が、おそらく紀伊型であることが指摘されていた。紀伊平野というより、もっと南の御坊地域のものであるという。



2010年 10月
各位
中世土器研究会
代表森島康雄

第 29回中世土器研究会のご案内

拝啓時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日ごろは当研究会の活動にご指導
ご鞭撻たまわりまして深くお礼申し上げます。
さてこのたび、第 29回中世土器研究会「和泉型瓦器椀を考える」を下記の要領で開催するは
こびとなりました。みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
敬具

第 29回中世土器研究会「和泉型瓦器椀を考える」

和泉型瓦器椀は近年、西日本の各地で出土することが知られるようになり、中世前期の流通
を物語る土器として注目されてきましたが、一方で大阪府下の出土例との相違から、在地で生
産された可能性も指摘されつつあります。同時に、和泉においても複数の生産地が存在してい
たことが明らかになってきています。和泉型瓦器椀の詳細な分析は、流通のみならず土器生産
の様相を考えるうえでも重要な鍵となり得るのです。

このような認識をふまえ、今回の研究会は「和泉型瓦器椀を考える」と題し、胎土分析をと
りいれた検討をおこないたいと思います。関係各機関のご協力をいただき、生産地で出土した
資料と、四国を中心とした各地の出土資料の胎土分析をおこなって相互に比較するとともに、
その結果が、属性分析に基づいた考古学的な産地の識別とどこまで合致するのかを検討します。
和泉型瓦器椀を媒介とした流通や生産の実態を明らかにするのみならず、これまで研究会です
すめてきた考古学的分析の反省にもつながる貴重な機会になると考えております。

実物を前に議論できる研究会にしたいと考えております。各地の資料を持ち寄ってご参加い
ただければ幸いです。

日時:12月 4日(土)・5日(日)

共催:大手前大学史学研究所

場所:堺市博物館
〒590-0802堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁
大仙公園内
Tel.072-245-6201
JR西日本阪和線・関西空港線「百舌鳥」
駅下車徒歩 6分
南海バス「堺市博物館前」下車徒歩 4


参加費:1500円程度

*堺市博物館入館料 200円を別途ご負
担ください。

日程:*題名は変更することがあります。

12月 4日(土) 13:30開場
14:00~14:10開会挨拶、事務連絡
14:10~14:50基調報告「和泉型瓦器椀を考える-研究の課題と視点-」
 森島康雄(ふるさとミュージアム山城)

14:50~15:30報告「大阪府下における和泉型瓦器椀の地域性抽出とその意義」
 佐藤亜聖((財)元興寺文化財研究所)

15:30~16:10休憩・遺物見学

16:10~16:50報告「大阪府南部における和泉型瓦器椀受容の一様相」
 藤田徹也((株)アート)

17:30~懇親会(未定)会費 4000円程度

12月 5日(日) 9:30開場

10:00~10:40報告「吉備の瓦器椀からみた中世前期の流通関係
-瓦器椀・土師質土器椀・備前焼椀-」
 草原孝典(岡山市教育委員会)

10:40~11:20報告「四国東部の和泉型瓦器椀の様相」
 大川沙織(徳島市教育委員会)

11:20~12:00報告「四国西部における和泉型瓦器椀の様相」
 徳平涼子((財)高知県文化財団埋蔵文化財センター)

12:00~13:00昼食・遺物見学

13:00~13:40報告「蛍光 X線分析法による瓦器椀の胎土分析」
 白石純(岡山理科大学自然科学研究所)

13:40~14:10休憩・遺物見学

14:10~16:00討論

16:00~16:10閉会挨拶

*宿泊の周旋はいたしておりません。
*当日は展示スペースを用意いたします。資料をお持ちいただければ幸いです。
*図書交換をご希望の方は、設営の都合がございますので、あらかじめ事務局までご連絡
ください。
参加ご希望の方は、ご住所・ご氏名・ご所属・懇親会参加の有無を明記のうえ、下記事務局
まではがきか電子メイルにてお申し込みください。
申込先〒611-0002宇治市木幡中村 37-1-314中井淳史宛
E-Mail:chudokenあっとまーくhotmail.com

  1. 2010/12/05(日) 23:15:56|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。