西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歴史探索の手法 -岩船地蔵を追って-

この本は示唆に富む点でおもしろい。歴史のおもしろさと、歴史を学ぶおもしろさを同時に教えてくれる好著といえるだろう。

著者は1979年に神奈川県大和市で船に乗っているという珍しい形の地蔵(岩船地蔵)に出会った。興味を惹かれた筆者は以後ことあるたびに、この地蔵を調べていき27年を経て本という形で調査成果を公表することになった。四半世紀に及ぶ研究と聞くと、それだけ地道な作業であることがわかる。もちろん、作者には他にメインテーマがあり、調査の折についでに調べていったのだが、それにしても根気のいる作業である。

本書のメインテーマは、「1719(享保4)年に関東を中心に大流行した岩船地蔵とは何か」である。もちろん現在の僕たちが路傍の石仏に対して、多くの人たちがそのまま素通りしていくだろう。そこをあえて立ち止まり、自分が感じた疑問を掘り下げていくことは、まるで推理小説を読んでいるかのように興奮してくる。

センスオブワンダーという言葉がある。人は不思議なことに興味を覚え、それを解明していくことに言いしれる感動を覚えるのだ。江戸時代に起こった岩船地蔵というムーブメントがどのように起こり、そして現在につながっているのかはまさしくセンスオブワンダーだろう。
元々、著者の福田アジオ氏は民俗学の研究者であり、いわば石仏の歴史などは門外漢だったはずだ。しかし、大きく歴史の興味という点では同一である。その点でどうやってこの不思議にアプローチしていくかは参考になる点が多い。

もちろん、不満点もある。肝心な点についてはまさしく歴史の暗闇からでていない点が指摘できるが、ただしこれもまた今後の研究の1つの礎になるのだから意味あることだろう。
専門的になるが、石仏に刻まれた年代のみで分析しているが、もっと石材の種類とか地蔵の形態分析、技術手法からも分析できなかったのか、という不満があるがそれは望みすぎだろう。これについては考古学からのアプローチが望まれる。

福田アジオ氏の言葉で下記の言葉が印象深く残った。


過去に起こった出来事がすべて分かっていて、歴史の組み立てに活用されているかというと、そうではない。過去に起こったことは、時間の経過のなかでたちまちに曖昧になり、不明になる。出来事を体験・経験・見聞した人々がこの世からいなくなるとたちまち生起した事実も過去の暗闇に入っていってしまう。



歴史探索の手法―岩船地蔵を追って (ちくま新書)
歴史探索の手法―岩船地蔵を追って (ちくま新書)福田 アジオ

筑摩書房 2006-05
売り上げランキング : 237874

おすすめ平均 star
star歴史のセンスオブワンダー
star時代が本来の姿、歴史を変えてしまう!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/09(日) 14:40:44|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大山と宝満山と岩船地蔵 | ホーム | 太宰府天満宮 和魂漢才碑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saitodazaifu.blog109.fc2.com/tb.php/10-5e62c72a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。