西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太宰府市 朝日地蔵

【名称】:朝日地蔵(あさひじぞう)別名は、湛慧禅師ノ塔、旭地蔵。
【所在地】:福岡県太宰府市観世音寺5丁目1950
【時代】:はっきりとしないが創建は江戸時代か。
【内容】:横岳崇福寺を創建した禅僧湛慧の墓と呼ばれている。由来としては以下のような話が伝えられている。

「鎌倉時代、観世音寺にも鬼すべの行事があったころの話である。

観世音寺の1月7日の鬼すべでは、その日寺のそばを通る人を捕まえて、頭に鬼の面をかぶせ、彩色の服を着せて鬼として、皆で打ったり叩いたりした。それを恐れて当日は道を通る人もない有様で、何も知らずに通りがかった旅人などが、捕まって鬼にされたりした。

ある年の鬼すべの日、湛慧はたまたま観世音寺の近くを通りかかった。お供の弟子は捕まったら大変だからと、別の道を行くことをすすめた。湛慧はまさか僧を捕まえることはあるまいと観世音寺の前まで来たところ、弟子が心配していたとおり、捕まって鬼にされ散々な目にあった。
思いもかけぬ辱めを受けた湛慧は憤慨のあまり、朝日山の東側に穴を掘ってその中に籠もってしまった。穴の中から読経の声と鉦の音が何日も続いていたが、ある日それが聞こえなくなった。中を覗いてみると、湛慧は座ったまま息絶えていた。

土地の人々は亡骸を手厚く葬って供養し、後にここに地蔵を祀ったのが朝日地蔵ということです。」


現在では地域の方に手厚く保護されているのが特徴。
祭日は毎月4・14・24日、夏祭り7月13日夕方、春彼岸・秋彼岸千人詣。
朝日地蔵正面

朝日地蔵(斜めから)
内部の石碑など
お参りをする人が絶えない


スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/23(日) 16:24:21|
  2. 筑紫の文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遠賀川流域古墳・遺跡等同時公開 | ホーム | 大山と宝満山と岩船地蔵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saitodazaifu.blog109.fc2.com/tb.php/12-1c50c5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。