西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2007年度日本遺跡学会全国大会2日目

日本遺跡学会2日目 11月25日 
事例発表が続くので、簡単に感想をつけておきたい。

事例発表1 10:00~10:30
「福岡県の文化財保存・活用の取り組み」 福岡県文化財保護課 齋部麻矢

 齋部さんの発表は実は遅刻していって半分程度しか聞けなったのだが、ふるさと彩発見事業を中心に発表していた。県内の市町村としては事業参加が大変と聞いている。資料集をみると、現在の大規模遺跡対策・災害復旧班にも触れていたようだ。現実的には県の財政の圧迫状況から今以上に本腰をいれて事業展開は可能性が低いと思うが…。
 今後の課題として、情報の発信をあげられていたが、まさしくその通りだと思う。せっかくの催し物をまとめてとりあげているのだから、もっとHPやブログを活用すべきだと思う。宣伝に力をかけてほしい。

事例発表2 10:30~11:00
「県境を越えた三姉妹遺跡活用の連携事業-原の辻・平塚川添・吉野ヶ里遺跡の取組」 佐賀県文化課 七田忠昭・長崎浩・平川宣明

 考古学体験・こども会議などはおもしろい取り組みだと思うが、期限限定3年しかやっていないのは残念。それぞれの遺跡での頭打ち現象が見られるだけに、共同での事業展開に新たな展開を見いだしてほしい。

事例発表3 11:00~11:30
「グスク等の保存整備と活用」 沖縄県文化課 盛本 勲

 内容的にはかなりおもしろかったのだが、いかんせん発表者の発表が聞き取りにくくてイメージはちょっとマイナス。もっとしゃべりをはっきりと自信をもって発言するべきじゃないかなと思った。内容が良かっただけに残念。御獄(うたき)のオーバーユースの問題などは、公開と保存という問題を考えるうえで重要なテーマだと思った。
 城(グスク)を生涯学習や市民公開の場にしていこうという捉え方も正解だと思う。その点、自然が豊かに残っている沖縄の強みもあるだろう。

事例発表4 11:30~12:00
「甦る出島~出島和蘭商館跡の復元と活用」 長崎市出島復元整備室 山口美由紀

 山口さんの発表は聞きやすさという点では飛び抜けてうまかった。場慣れしているなあ。
さらりと昭和44年生まれだということを言ったりしていたし、まあ、それは余談だが。
 内容的には出島を計画的に公開していくうえでの問題点や良かった点をわかりやすく提示してもらった。近年はさるく博などの影響もあり、市民が文化財に理解を示してくれるケースが多いという。ボランティアの育成なども人材の取り合いということで大変のようだ。あと、年間30万人程度観光客がくると、ランニングコストである1億円をまかなえるという話だった。
<昼 食>
 天満宮までおりて、チャンポンを食べる。どうせ事務局で弁当余るのでよく考えればもらって良かったなあ…。(予想通り、あとでほか弁を2個ももらう…)

事例発表5 13:30~14:00
「遺跡コンソーシアムのあり方を考える-「連携」の可能性を探る前提として-」 京都橘大学 増渕 徹

 増渕先生がんばりすぎ、というぐらい密度の濃い発表だった。事例報告というより完全に講演のほうが良かったのでは?(笑)
 「コンソーシアム」という概念の検討からはいり、実際的には厳しいのではないかという問題提議をされた。ただし、価値観の創造という観点から、ものの見方を変えていくことにより新しい価値をあらたに見いだしていくという説明はいいものだった。地域の遺産を空間的に保護していくべきという指摘も納得のもの。

事例発表6 14:00~14:30
「石見銀山-“遺跡と住民の共生”を世界遺産に」 島根県大田市 大國晴雄

 最近、話題の世界遺産になった石見銀山のお話。日本では初めての産業遺産としての登録だが、実際は文化的景観という点が評価されたらしい。
 世界遺産と地域振興という発表でおもしろかったのは、地元が1日どれくらいの観光客を受け入れることができるのかという話し合いをしたときに、夏祭りで2,500人をうけいれるのがリミットなので、それ以下にすることにしたというのがおもしろかった。この制限により、観光客の待ち時間が増えたとしても地元を守っていくうえでは必ず必要な措置だと思う。

<休 憩>
シンポジウム 14:45~16:15
「遺跡コンソーシアム-地域連携-」
コーディネーター 佐賀女子短期大学 高島忠平 / パネリスト 齋部・七田・盛本・山口・増渕・大國

 シンポジウムは正直なんだかぐだぐだな話に終始したイメージが強い。
司会のほうでは、1.調査と保存、2.活用の連携、3.遺跡の観光化とオーバーユースの問題、4.パネラーにとってそれぞれの歴史遺産とは何か?という4つのテーマに沿って話を進めたとのこと。
 
閉会行事 16:15~16:20

今回、二日間にわたって初めて日本遺跡学会大会に参加したが、とても勉強になった。考古学だけではない幅広い分野の人と知り合えたのは大きな成果だと思う。もし、また近場で開催されることがあれば参加したい。(来年は奈良らしいが…)
スポンサーサイト

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/25(日) 23:11:14|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<晴明の井 | ホーム | 2007年度日本遺跡学会全国大会1日目>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/12/28(金) 23:59:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/12/29(土) 00:00:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saitodazaifu.blog109.fc2.com/tb.php/26-deed4ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。