西都大宰府の空に

西都大宰府を中心に文化財、史跡、名勝、研究会等を紹介していきたいと思います。更新ペースは気ままにまったりの予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「地元学事始め-太宰府の地元学に期待するもの-」

財団法人 古都大宰府保存協会主催
太宰府市民遺産を考える
演題「地元学事始め-太宰府の地元学に期待するもの-」
発表者:吉本哲朗氏(地元学ネットワーク主宰)


表題の講演会が、3月5日14~16時で、太宰府市の太宰府館で行われた。
聴講できたのでその記録を残しておく。
感想としてはなかなかおもしろかった。吉本氏のしゃべりは独特のテンポと強弱、そして笑いがあり、観客を飽きさせなかった。
地元学という観点で地域を見直すことは意義があることだし、なによりもその概念がわかりやすいと思った。


要点
・地域、それぞれに思想・哲学・美学がないのが問題だ。
・水俣で地元学に気づいた。水俣病の患者さんに教えられたことが多い。
・地域のことはないものねだりではいけない。足元を見直して自分で調べることで、あるものとあるものを掛け合わせて新しいものをつくるのが地元学。
・まず地域の地理・歴史を押さえる。それにより文化が生まれている。
・3つの元気(人、自然、経済)と3つの経済(消費経済、共同経済、自給自足)を組み合わせることで地域が生きる。それぞれのバランスが大事。
・風景作り。懐かしい日本をつくろうじゃないか。
・水俣市頭石(かぐめいし)地区 村丸ごと生活博物館 が良い例になる。http://www.minamatacity.jp/related_group/muramaru_group/index.htm
・火に当たって話をすると人々に活気が出る。
・肯定から入ること。否定から入らない。
・なにごとも40点主義がいい。最初から完璧を目指すと頓挫する。


スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/05(木) 23:17:34|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大宰府 蔵司の現地説明会情報 2009/10/24 | ホーム | 奇想の図譜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saitodazaifu.blog109.fc2.com/tb.php/65-0aaaa83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高橋 学

Author:高橋 学
筑紫の地ではや15年。月日は百代の過客。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

写真

各地の写真

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。